PCB表面実装技術の最適化

  • その他製造業
  • 制御および最適化

課題

表面実装*の技術工程にかかる所要時間は、プリント基板(PCB)の上に電子部品を装着する順序に大きく影響される。そのため、工程の所要時間を減らし、生産性を高めるために、PCBに沿って効率的な装着順序をプランニングするアルゴリズムが必要。
*表面実装技術(SMT): PCB上に半導体など様々な付属品を装着してはんだ付けする技術

アプローチ

強化学習を利用して、効率的な電子部品の取り付け手順をプランニング。 強化学習モデルをPCB組立工程シミュレーターに学習させ、より短時間で組み立てる。

創出された価値

効率的な部品の装着順序で基板を組み立てることでPCB生産工程の所要時間を短縮。 これにより、同じ時間内により多くのPCB生産が可能に。

このケースについて詳しく知りたいですか?

MakinaRocksのAI専門家にご相談ください

専門家に相談する