エネルギー貯蔵システム(ESS)の異常探知

  • エネルギー
  • 予測分析
  • 異常探知

課題

多くのエネルギーを貯蔵しているESSは、繰り返される充放電の過程で特定のセルに疲労が累積したり、欠陥がある場合は過度な熱が発生し、大規模火災につながる可能性が存在。これを安全に管理し、事故を予防するために早期に異常探知できるシステムの構築が重要。

アプローチ

ESSの正常作動データとバッテリー専門の研究所で行われたバッテリー異常の試験データを使用して、熱暴走する過程が持つ特徴を分析。顧客が定義する故障状況を予測するために、半教師ありの異常探知アプローチを活用して予測モデルを開発。

創出された価値

安全性分析における指標を提供し、ESSで熱暴走の発生30分前に事前に対応できるようシステム構築。バッテリースタンド(ラック)の脱落前兆を探知するモデルを通じて火災発生12時間前に異常兆候を予測し、異常状態をモニタリング。

このケースについて詳しく知りたいですか?

MakinaRocksのAI専門家にご相談ください

専門家に相談する